私たちの「シアワセ」はいろんなカタチでやってくる
2006.12    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25.12.2006
comment:2
trackback:0
サンタ追跡情報
>> シアワセ日記 / Theme:日々のつぶやき / Genre:育児
今日はクリスマスだ。

そんなクリスマスにぴったりなニュースを見つけたので転載。

↓転載記事↓
サンタクロースは贈り物を満載したトナカイの馬車を駆って、北極の上空を飛んでいるのが目撃されました…。北米防空宇宙防衛司令部(NORAD)が、世界中の子供たちのために、毎年、サンタクロースの追跡情報を伝えている。
 日本語を含む6カ国語でサンタの追跡情報を伝えているNORADのサイト(www.noradsanta.org)によると、今年はサンタのおじさんはグリニッジ標準時24日午後11時59分(日本時間25日午前8時59分)現在、パリ上空を飛んでいる。クリスマスにサンタの追跡情報を子供たちに提供するようになったのは、1955年にさかのぼる。同年、米コロラド州の大手スーパー、シアーズの店が、子供たちにサンタのおじさんに電話をかけようと広告を出したが、誤って同州の米防空システムの基地のホットラインの電話番号を記載してしまった。
 子供たちからの電話を受けた同基地の司令官は、「任務の緊急性」を理解し、レーダー操作員にサンタクロースを追跡し、子供たちに刻々その情報を提供するよう指示した。58年からは、米・カナダの共同防空組織であるNORADにこの「任務」が引き継がれ、毎年、クリスマスになると、NORADの職員が世界中の子供たちの問い合わせに答えている。
↑転載終わり↑

きっかけは間違いなんだけどさすがはアメリカ。これが日本だったらこんな風にはいかないんだろうな…と思うわけで。

ちなみに私は物心ついた頃にはすでに「サンタはいない」と思っていた。
幼稚園のクリスマス会なんかでサンタの格好をした人が教室に入ってきても
フーン…みたいな感じで見ていたのを覚えている。
さらに興奮している友達の耳元でこっそり

あれは園長先生だよ

と教えてしまうイヤなタイプの子どもだった。

なので自分の子どもたちには少しでも長く夢を見させてやりたいと思うのだ。

シアワセ★★★★
スポンサーサイト
19.12.2006
comment:3
trackback:0
家で歌う
>> シアワセ日記 / Theme:育児日記 / Genre:育児
最近カラオケに行ってないなぁ…とふと思った。

以前の私だったら「飲みに行ったらカラオケ!」が定番だった。
しかもカラオケが終わって次はボーリング、その次はファミレス…みたいな感じで週の半分くらいそんな生活でホント自分で言うのも変なのだがかなり元気だったと思う。まぁ20代の話なんだけど。

それが今では飲みに行っても11時過ぎると眠くなってくるし、カラオケに行く気力がないし、行っても新曲は歌えないし…。

まぁそれでも歌うことはある。

家の中で。
しかも童謡。
もしくはアニメソング。

もちろん子どもたちからのリクエストで歌うわけなんだけど、普通に歌っても私自身がおもしろくない。
なのでちょっとアレンジするのだ。

例えば

演歌のようにこぶしをきかせてみる。
ラップのように早口でYO!HEY!とか勝手に挿入。
アイドルの雰囲気でラブリーに。
宝塚で振り付けも大胆かつ華やかに。

もちろん子どもたちには

ここで見たことは誰にも言わないように

と教え込んでいる日々。

シアワセ★★★
18.12.2006
comment:3
trackback:0
左利きな娘
>> コドモのこと / Theme:日記 / Genre:育児
娘は食事の時以外は左利きだ。

今も昔も左利きの子どもが生まれる割合はそんなに変わってはいないんだろうけど、私が子どもの頃は左利きの人はかなりの少数派だった。
だからクラスの中で左利きの人がいて、スラスラ文字を書いてたりすると「スゴイ」と感じていたもんだ。まぁその人にとっちゃ普通なんだけど(笑

きっと昔は右手に持つように変えさせていたから少ないんだと思う。
でも最近は無理に変えなくてもいいんじゃない?みたいな雰囲気だし私自身も別にそのままでいいかなぁと思っていた。

でも娘が成長して色々できるようになってくると、どうしても左だと不便なものが出てきて右手も使えたほうが何かと便利じゃないかと感じるようになってきた。

お絵描きや折り紙なんかは左でも右でも全然関係ないのだが、ハサミだけはどうにもならない。ハサミってのは右手用に作られているものだから左手だとうまく切れないのだ。
もちろん左利き用のハサミだって売っているけど、やっぱり右利き用の方が圧倒的に数が多い。

そしてトランプとかUNOのカード類。
普通カードを左手に持って右手で出しているはず。

でも娘は逆に持っていた。そんなの別にいいじゃん、て思うでしょ。
私もそう思ってました。はい。

でもこれかなり不便なのです。

左手でカードをもって選ぶ時、数字やマークはチラッと見えるハズ。
でも娘の持ち方だとカードの文字は見えないんです。

普通マークと数字は左上と右下にしか書いてない。だから右手で持って左側にずらすと右上しか見えないって訳で…って、文字だと説明しにくいので家にトランプ持ってる人は是非試してください(笑

だからこんなトランプもあるらしい



まだまだ左利きには不便な世の中なのかもしれません。

シアワセ★★★
14.12.2006
comment:4
trackback:0
メールで連絡すると分かること
>> シアワセ日記 / Theme:今日のつぶやき / Genre:日記
電話番号は変わらなくてもメールのアドレスが変わったので、みんなに連絡をしなくちゃいけない。だけど電話帳の中には数年メールを送ったことがない人が結構いるわけで。

ちょっと迷ったけどとりあえず全員に「メルアド変わりました」と送信してみた。でも中には宛先不明で戻ってきちゃったのもあったりして

あぁこの人とはもう一生付き合いがないだろうなぁ

と考えさせられる部分もあったりする。
っていうかその中の1人は1年に1回くらいは会ってるんだけどどういうことよ!もう飲み会に誘うもんか!とちょっと思ったりする(笑

でもほとんどの人に送信できたし何より嬉しかったのが、長い間連絡をとることがなかった友達の近況が聞けたこと。

結婚して県外に嫁いだ友達からは「来年引越しして戻ってくるよ!」とか

結婚して同居して義母の不満をぶちまけていた友達からは


今、家出中。もうすぐ離婚だぜ!


と衝撃的な内容が送られてきたり。
他にも久しぶりに会おうよ!みたいなことがあったりして何だか忙しくなりそうな年末なのだ。

メールを送るだけで人間関係がわかる。ちょっと面白いかも。

シアワセ★★★★

サダコさんへ私信:宛先不明で戻ってきたのは彼女です。まったくもう。
11.12.2006
comment:2
trackback:0
写真送信
>> シアワセ日記 / Theme:(´゚Д゚`) / Genre:日記
新しい携帯で写真を送信するテストなんぞをしてみる。

20061211093852
テスト

auに加入するともれなく(多分)もらえるプレゼント。
もこみちファンにはたまならく嬉しい一品なのだろうが、そうでない人にはたまらなく処理に困る一品。

シアワセ★★
07.12.2006
comment:4
trackback:0
携帯を買いに行く
>> シアワセ日記 / Theme:家族日記 / Genre:日記
夫の携帯電話の調子が悪い。

買ってから1年半くらいしか使ってないのに電池の消費が激しいらしい。
フルに充電しても半日しかもたないようで。
でもドコモのポイントも貯まってないから機種変更で高くつくし我慢しろと言ったんですけどね。

夫「外で電池無くなったらどうすんのよ。マックで充電しろっての?」

充電する場所を求めてさまよう充電難民。電源はどこじゃー。
40過ぎた男が店員に咎められる姿は悲しすぎるので仕方なく携帯ショップへ行くことにした。

デザインだの機能だの選んでいる夫。

そんなものはどうだっていい。
とにかく安いのを選べ( ゚Д゚)㌦ァ!!
どうせ電話とメールしかやらんのだ。カメラの画素数とか気にするな。

でも新規なら0円とかあるんだけど機種変更はあまりにも種類が少ない。
おまけに店員が「在庫がありません」だと。だったら展示しておくな!

なんだかんだと話した結果。

auで新規契約。

だってドコモ1台分の本体+事務手数料とau2台分の本体+事務手数料が同じくらいだったし。おまけに新機種でデザイン選び放題。

そんな訳で長年連れ添ったドコモと決別してauに乗り換えちゃいました。

夫の携帯だけの予定が私まで購入。でもやっぱ新品はいいわ。

シアワセ★★★
01.12.2006
comment:3
trackback:0
背骨が限界
>> コドモのこと / Theme:日常のひとコマ / Genre:育児
最近、子どもたちと遊ぶとかなり疲れる。
疲れるって言っても精神的にキツイのではなく

体力がもたない(|||´Д`)ノタスケテ

前は「お馬さんやって~」だの「飛行機やって~」だのリクエストに応じてきた。しかし子どもたちはドンドン大きくなり体重が重くなっていくのに、私の体は衰える一方。もう勘弁してください!と言っても

子ども「うきゃきゃきゃきゃきゃ~!!!」

と悪魔のような笑い声で私に乗りかかってくるのですよ。

私「じゃあ…1回だけだよ」

仕方がないので1人1回だけという条件をつけて馬になる私。

「ナナが最初に乗るの!」「違う!ターが最初なの!!」

あぁまたくだらないことでケンカしてるなぁ。
でももしかしたら、このままの流れでいくと馬の話を忘れてしまうのでは?
いいぞ!もっとヤレヤレ~!!

…と内心思っていた←卑怯

娘「じゃあ…一緒に乗ろうか


(ー△ー;)エッ、マジ?!!!


娘19キロ+息子17キロ=36キロ

えぇと、これはアレですかね。何かの罰なんですかね。ちょっと拷問ですよ。
なんだか背骨がギシギシギリギリいってますけど。大丈夫か私。
自分を励ましながら足ガクガクで何とか部屋を1周したのだが

娘「じゃあ今度は前と後ろ交代ね」

!!!!(; ̄Д ̄)なんですと?

娘「だってナナで1回、ターで1回、だから2回乗れるじゃん」

強引な理屈で結局もう1周するハメになる母。
…騙されてるような気がする。

ちなみに犬の種類で36kgっていうとドーベルマン並らしいです。
関係ないですが。

シアワセ★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。