私たちの「シアワセ」はいろんなカタチでやってくる
2008.02    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07.02.2008
comment:0
trackback:0
ちゃんと確認しよう
>> シアワセ日記 / Theme:主婦の日常日記 / Genre:日記
魚は一応調理できるんですよ。とりあえず。一般的な魚は。アジとかイワシとかね。サンマなんかは季節になると夫の実家から大量に送られてくるから1日で30匹おろしちゃったりして魚屋に嫁にきたんじゃないかと錯覚するくらい。

だからね、夫の友人がお魚くれるって言うんでもらったんですわ。
釣りに行ったからおすそわけー的な感じで。
ホント軽い気持ちで。

でもね。

これがまた。


見たことも無いような魚でして。しかもでかい。40センチオーバー。


「鍋にすると美味いから!」

「もう最高だから!」

「でも調理するときは軍手用意してね」


・・・軍手?
よく見るとその魚、ぬるぬるしてて歯がギザギザでとてもじゃないが素手なんかで調理したらそりゃもう大量出血の予感。まさにデンジャラスフィッシュ。あぁ写真撮っておけば良かった。

奥さん魚さばける?って聞かれたから、まぁ普通の魚なら…って答えたのに。
こんな魚、スーパーじゃ売ってねぇ。てか名前すら分からない。

うわーこれどうしよう。美味しかったですぅ~とか言っておいて捨てちまおうか…と腹黒いことを考えていたら実母から電話が。

事情を説明し、実母が魚をさばいてくれました。ありがとう、おかーさん。

今度から魚をもらう時は種類を確認してからにしよう、と強く思うのであります。

シアワセ★★★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。